撮影のはなし

2015.04.25 Saturday

こんにちは。佐々木智子です。

先日、チェンマイへ行って来ました。4月の中頃で、ちょうどタイのお正月「ソンクラーン」の時期でした。「ソンクラーン」は別名「水かけ祭り」とも呼ばれています。一年の中でもとりわけ暑い4月、チェンマイでは街中で水を掛け合いながらお正月を祝います。私が滞在していたのはソンクラーン前日まで。日本で言う大晦日です。

その日、ソンテウに乗って市場へ向かって走っていると道の脇に笑顔でバケツを持っている人たちがいました、「あ!」と思う間もなくバシャーンと外から水をかけられました。わー冷たい!しまった!服もカメラも水びたし!お正月前なのに、フライングする人がいるなんて〜。一緒に乗っていた私の子どもは初「水かけ」にびっくりして大泣きしてましたが大人たちは大笑い。少しだけ水かけ祭りを体験した面白いできごとでした。



これはお正月に作られる仏塔。旗を立て、お祈りするそう。干支の紙かざりがかわいい



さて、今日はチェンマイでの撮影のお話しです。

商品のイメージ写真はバーンロムサイの庭や隣接するゲストハウス・ホシハナビレッジを使って撮影しています。大きなカメラを構えるのはチェンマイスタッフの聡美さん。彼女は元々写真家で心強い撮影メンバーです。そして細かな準備などサポートしてくれるの工房のスタッフのまりこさん。それと昨年からモデルを努めてくれている、バーンロムサイの近くに住むナリッサ。タイ人のお父さんとドイツ人のお母さんを持つナリッサは英語、ドイツ語、タイ語が話せるそうです、すごいなー。彼女は学生なので撮影は週末の学校がお休みの日に。バーンロムサイの洋服を素敵に着こなしてくれて本当に嬉しいです。そして私。この4人のメンバーで撮影を進めています。



着用の写真は工房の壁を背景に



チェンマイでの撮影は瑞々しい緑の庭や明るいゲストハウスの部屋など撮影場所にも恵まれているので、撮る洋服に合わせてシチュエーションを選びます。今回撮影した中で私のお気に入りはホシハナビレッジ「カーリーハウス」の入口で撮ったこの1枚。緑に囲まれ、まるで映画の一場面のような雰囲気のある写真になりました。





先月リニューアルしたオンラインショップのトップページは大きな写真を使ったスライドショーになっています。撮影したばかりの写真を使って一新してみました。下の写真のアクセサリーも近々オンラインショップに登場する予定です。

ぜひ見てみてくださいね。



カリマンタンビーズを使ったアクセサリーには庭の白い花を合わせて

スポンサーサイト

2019.09.08 Sunday


-->